【読書】満願(著・米澤穂信)

小説レビュー

勤務中に読んだ本の紹介です。

「満願」(著・米澤穂信)

ミステリーの短編集です。

間違って単行本と文庫本両方買っていました…。

単行本と文庫本の両方を揃えてしまうほど米澤さんの大ファンというわけではないですが、ファンではあると思います。結構色々読んでる気がします。

アニメ化した「氷菓」は有名ではないでしょうか。ミステリーを主体に書いている作家さんです。

 

「氷菓」は学園ものライトノベルの要素がまあまあ強く出ていますが、「満願」は中年警察官だったり弁護士だったりビジネスマンだったり……と硬派なミステリーとなっています。

短編ごとに独立しているので、仕事の合間や通勤中に読むものとしてはちょうど良かったです。

ミステリーといっても推理小説のように謎解きを楽しむものというよりは、どれも展開を楽しむものとしての要素が強いように感じました。

まあ、僕はあまりミステリーを考えて読む人ではないのですが。何となく読んでて展開が見えてしまうことが希にあるくらいで。

 

個人的に、表題作の「満願」と一番最初の「夜警」が好きです。

「万灯」も良かったですね。

短編であるものの読み応えのある作品が多かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました